息子はマツダのエンブレムデザインがお気に入り

息子はマツダのエンブレムデザインがお気に入り

息子が生まれた時にマツダのMPVに乗り変えました。

 

年子で娘も産まれ、二列目シートに新生児チャイルドシートを2台置いても、両面スライドドアなので非常に使いやすく、運転下手な私にも非常に乗りやすかったです。

 

しかし、乗り始めて5年が経つころ、少し車の調子が悪くなってきました。

 

オルタネータという部分が故障していて、部品交換が必要との事でした。

 

それ以外にも修理の必要な部分があり、乗り始めて5年経ったので、そろそろ乗り換え時期かな?と思っていたのですが。

 

ある日4歳だった息子が、車を指さし『ネコだね。ウッキー(自分の名前)の家の車はネコのマークなんだね!』と嬉しそうに言うのです。

 

何の事だか最初は分かりませんでしたが、車についているエンブレムをよく見ると・・確かにネコに見えます。

 

大人には分からない子供ならではの感覚なのでしょう。

 

マツダの車を見つけるたび、『ネコだ!ウッキーのと同じだね!』と大はしゃぎする息子を見て、主人と相談した結果、もう少し、MPVを乗り続けることにしました。

 

結局その後さらに5年乗り続け、帯広の車買取で愛車を手放すときは思わず涙が出ました。

 

今でも街でマツダ車を見かけると、当時の息子の笑顔を思い出します。