車の楽しさと事故に遭う危険性

車の楽しさと事故に遭う危険性

苦労の末に免許を取得して、初めての車が我が家に登場した。

 

嬉しいよりも運転に慣れるのが精いっぱいで、不安と恐怖心の方が大きかったと思う。

 

それでもこれまでの車のない生活から一変した日々は、とても楽しくエキサイティングでした。

 

慣れるまでは失敗の連続でこすったり、ぶつけたり、恥多き出来事多々でございました。

 

両親や親族を乗せて、駅まで送迎してあげたり、ドライブに連れて行ってあげたり、これまで出来なかった世界が広がりました。

 

それはまるで車の登場によって、自分の住む世界が変革を起こしたかのような魔法でした。

 

家族の誰もがうきうきしていました。

 

車を売るときは名護の車買取業者で一括見積をしました。

 

イチバン高く買い取ってくれる車買取業者がすぐに見つかりました。

 

ネットで便利ですよね。

 

事故も何回か経験しています。

 

全部が向こうからやられた事故でした。

 

車は便利で良いものですが、事故に遭うという危険性があります。

 

まず自分自身が人をひいたりしては絶対にいけませんし、車対車でもやはり怖い思いはします。

 

追突された時も向こうが全面的に悪いのに、年上の保険の外務をしていた女性でしたが、私に怒鳴りまくってこちらを責め立てるのです。

 

当時、20代前半でしたので、とても言い返すことなど出来ず、その女性の剣幕に圧倒されてしまい、呆然と立ち尽くしてしまいました。

 

その後、警察が来て自分の前方不注意でした、と認めましたが、強い人でしたのでろくに謝罪はしませんでした。

 

後日、当日は気が動転していて、と一応謝りには来たのですが、被害者の自分が何故このような目に、と実に不服でした。