スバル フォレスター大活躍の冬

スバル フォレスター大活躍の冬

仕事で大雪の日に山奥にある村まで行きました。

 

吹き溜まりで道路は見えなくなり普通の乗用車はもはや走れない状態でした。

 

その中をフォレスターでガンガン走っていきました。

 

ちなみに、フォレスターに乗り換える前の車は八戸の車買取に売ってフォレスターの購入資金にあてました。

 

行きは良かったのですが帰りになると雪はさらにひどくなり来た時の車の跡すらわからなくなりました。

 

前日の雨で雪の下は氷になっており滑りやすい状態。

 

それでも運転していくと、タイヤが大きいこととボクサーエンジンの置き方がよく車全体がバランス良いという事もあり滑りもせずぬかりそうになるという事はありませんでした。

 

そしてガンガン進んで帰っていくと途中で大きな吹き溜まりに乗用車がスタックしていました。

 

そのため引っ張ってあげたのですがその時にこの車の力強さを感じました。

 

四駆モードになり車全体で「ぐぐぐ」と地面を這うように進んでいき車を引っ張りました。

 

そして大きな吹き溜まりがあったのでXモードを初めて使用してみました。

 

スイッチを入れて吹き溜まりに突っ込んでいくとガンガンと走っていきます。

 

重量がある車なので雪でフラフラすることもなくしっかりと前に進んでいく。

 

 

難点を言えば、燃費が悪いことです。

 

山から帰ってくると満タンのはずのガソリンが半部以下になっていました。

 

メーターを見るとリッター10キロと表示。

 

もう少し燃費が良くなればいいのですが。。。